生理遅れと生理不順 忍者ブログ

ブログ内検索
生理の遅れの原因は健康な生活がおくれいていない証拠です。女性は出産をできるような身体のメカニズムとなっているため、何らかの原因で赤ちゃんを作るのに適さないような生活をすると整理に関する機能に障害があらわれてしまいます。生理不順だけでなく、ほっておくと排卵日になっても排卵しない無排卵症になったり月経がまったく来なくなったり閉経してしまうこともあります。生理の遅れを放置せず早めに正常な健康に戻しましょう。

スポンサード リンク

2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/02 (Fri)
生理の遅れが心配な場合は、婦人科を受診するのが一番ですが、その前にわかることをみていきましょう。

生理の周期が一定していなくて、生理の遅れなどが頻繁に起こるのであれば、他の病気も考えられます。

生理と生理の周期は大体28日の間隔ですが、25~38日の間隔なら正常です。生理の遅れも1週間くらいなら普通です。

生理の周期は女性ホルモンに影響を受けます。頻繁な生理の遅れなど生理不順でなければ心配はありません。ストレスなどで多少は生理が遅れたりはしますが、頻繁に生理の遅れがある場合はやはり注意が必要です。

生理が遅れる場合、生理と次の生理の間の日数が39日以上あくと「稀発月経」となります。生理が終わった後の排卵日までの日数が長いので、生理の周期が開いてしまいます。

生理が遅れる場合、排卵していない場合もあります。基礎体温を日頃から計っている人は排卵があるかないかも予測がつきます。基礎体温は、生理が遅れても
まもなく始まることを予測できます。女性の体温は低温気と高温期とに分かれています。高温期が約2週間続けば、排卵しています。反対に高温期がわかりづらく日数も短いようであれば排卵がないのです。これを無排卵月経といいます。数ケ月もこの無排卵月経がつづくと不妊症になる恐れがありますので気をつけましょう。
PR
HOME
忍者ブログ[PR]
  • seo